目を引くロゴを簡単に作成できる無料ツールとは?

仕事をするとき、名刺にロゴが入っているとちょっとカッコいいですよね。大企業であれば高いお金を払って有名デザイナーにロゴ制作を依頼することもできます。でも個人では、ロゴに高額な費用をかけることは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが無料で利用できるロゴ作成ツールです。誰でも簡単に自作のロゴが作れてしまうツールがどんなものか、紹介していきます。

パッと目を引くロゴの魅力

名刺を作るとき、ただ単に会社名と個人名などを記載するより、ロゴが入っているほうが相手に与える印象はよくなります。ロゴは単なるマークではありません。企業イメージや業務内容、歴史など、ロゴには伝えたいイメージがたくさん詰め込まれています。

「~株式会社」とだけ書いてあるよりも、ロゴのイメージが先にパッと目の中に飛び込んでくることも少なくないのです。会社名が頭に残らなくてもロゴのイメージが強く記憶に残ることもあり、ビジネスにおいてはとても重要な位置づけとなります。

例えば、ロゴを付けた商品がいくつかヒットしたとします。すると消費者は「このロゴがついている商品なら安心だ」というイメージを、ロゴに対して感じることでしょう。「企業名を知らないけどこのロゴは信頼できる」、このような結果が生まれればロゴは大成功なのです。

インターネットが普及して、個人や小規模で運営するサイトが増えています。無数にあるサイトの中から選ばれるには、パッと目を引くロゴは大きな魅力といえるでしょう。

デザイナーに頼まなくてもロゴジェネレーターなら簡単に作成できる

「カッコいいロゴを作りたい!」と思っても、パソコンやデザインなどの知識がないから無理とあきらめている人もいます。けれどもロゴジェネレーターを使えば誰でも簡単にロゴ作成は可能なのです。ロゴジェネレーターは、web上の簡単な操作で、簡単にロゴマークが作成できるツールです。

文字の色やフォントなどを自由に選ぶだけで、お気に入りのロゴマークが完成します。しかも無料で利用できるサイトもあり、知識がない!お金もない!という人にはぴったりでしょう。ひとつ注意点があります。ロゴジェネレーターの多くは海外で運営されているサイトです。

もちろん日本国内で海外サイトのロゴジェネレーターを利用することは可能ですが、フォントの選択に日本語がないということは珍しくありません。日本語でロゴマークを作りたいと希望しているなら、日本語に対応しているロゴジェネレーターを選ぶことが大切です。

サイト自体は英語表記でも、テキストフォントが日本語対応であれば問題ありません。

かな・漢字もOK!LOGASTER

LOGASTERは、かなや漢字のロゴマークも作れるロゴジェネレーターです。海外サイトですがサイト自体を日本語表記にできるので、ロゴ作成時に何が書いてあるのかわからないといった心配はありません。ロゴの作り方はいたって簡単です。

「会社名やスローガンを打ち込む→ビジネスタイプを選択する→ロゴデザインを選択する→ロゴデザインを編集する→保存」、以上です。ビジネスタイプの種類は、ビジネス・家族・医学・音楽・不動産・旅行など多くの選択肢から選ぶことができます。

作成されたロゴデザインの数は実に1000以上。編集画面では選択したロゴデザインの、イラストと文字のレイアウト変更が可能です。説明を読んでも実際にやってみないとわからないという人も安心してください。LOGASTERのサイトへ行けば、まずは無料でお試しができます。

ロゴジェネレーターの使い方や実際に作成したロゴを見て、気に入れば登録して利用すればいいでしょう。webサイト上で利用する小さなロゴマークなら、登録さえすれば作ったロゴを無料で使うことが可能です。9.99ドルを支払えば、商用利用だって可能になります。

とても魅力的なロゴジェネレーターで、世界中の人が利用していて人気です。

完全無料でアカウント登録も不要!Cool Text

ロゴ作成にお金は使いたくないし、出来れば面倒くさい会員登録もしたくない、という人でも利用できるロゴジェネレーターがCool Textです。Cool Textの最大の魅力は、完全無料・アカウント登録なしという点です。

アドレスを登録すると、いろいろな案内やメールが届いたりして嫌だという人は多いですよね。Cool Textならサイト上でロゴを作ったらすぐに利用することができます。Cool Textで作ることができるのは文字のみですが、動くロゴマークを作ることも可能です。

色鮮やかなデザインが多く、アメリカのストリート系ロゴマークを作りたいということなら、Cool Textはおすすめです。パッと目を引くオシャレなロゴデザインを提供しているロゴジェネレーターはいくつかありますが、Cool Textのように簡単にしかも無料で動くロゴマークまで作成できることは大きな魅力といえるでしょう。

ビジネスシーンで使用するロゴ向きではなく、ネットショップや個人サイト向けのツールだと認識しておけば安心です。注意点としては、作成したロゴマークはサイト上に1時間しかデータとして保存されません。作成したロゴはgif形式で必ず保存しておきましょう。

Google Chromeの拡張機能YouiDraw Logo Creator

パソコンのブラウザで GoogleChromeを使っているのなら、拡張機能のひとつであるYouiDraw Logo Creatorを使うことも可能です。Chromeウェブストアに行きChromeに追加でYouiDraw Logo Creatorをインストールします。

インストールが終了したらすぐに使用することができます。もちろんインストールは無料です。いろいろなテンプレートから自分の気に入ったものを選び、Googleアカウントでサインインすれば加工ができるようになります。

テキストやフォントの変更・色・大きさなどを自由に編集したら、Googleドライブに保存します。一度保存したファイルはPNGやJPGの画像ファイルに変換も可能です。YouiDraw Logo Creatorは日本語での案内がないため初めは少し戸惑う人もいますが、慣れれば画像編集ソフトのように使うことができます。

全体的にスタイリッシュでオシャレなテンプレートが多いので、カッコいいロゴマークが作りたい人におすすめです。またアイコンパーツなどの作成もできるため、自分のパソコンをオリジナルに変えたい人にも人気があります。

GoogleChromeを利用しているなら、一度使ってみるといいでしょう。

無料で利用できるロゴジェネレーター

サイト運営やブログなどでオリジナルのロゴを使っているとパッと目を引きますよね。そんなロゴマークはお金をかけてデザイナーに依頼しなくても、誰でも簡単に無料で作ることができます。そんな便利なツールがロゴジェネレーターです。

日本語や英語でロゴを作ったりイラストを入れたりすることも出来るので、お気に入りのロゴジェネレーターを見つけてみましょう。